ペインオフィスカスガ山村院 松本市・安曇野・東筑摩・塩尻地区,脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、交通事故の治療など

腰の障害


脊柱管狭窄症・腰椎すべり症

脊柱管狭窄症の原因は、脊柱起立筋の機能低下につきます。
脊柱起立筋群の機能が改善されれば、脊柱管の狭窄も次第に広がります。

 画像の説明   画像の説明

50歳代から増え始める「脊柱管狭窄症(せきちゅうかん・きょうさくしょう)」は、近年、腰痛のなかでも特に多くなってきています。

神経の通り道である「脊柱管」が狭くなることで、腰痛や歩行障害などが起こります。

 脊柱(背骨)を構成している椎骨(ついこつ)は、円柱状の「椎体(ついたい)」と、後方に張り出した「椎弓(ついきゅう)」から成っています。

椎骨が積み重なることでできる、管状の空間を「脊柱管」といいます。

・第一腰椎のあたりから下の脊柱管には、「馬尾(ばび)」と呼ばれる神経の束が通っています。

馬尾から分かれた神経は、脊柱管から出て脚のほうに伸びています。
「脊柱管狭窄症」はこの脊柱管が狭くなる病気で高齢者に多く見られます。

老化に伴う椎間関節や椎間板の変形に加え、椎体が前方にずれる「脊椎すべり症」も脊柱管狭窄症の原因になります。

脊柱管狭窄症とは?
脊柱管狭窄症の原因は、脊柱起立筋の機能低下によるものです!

脊柱起立筋の機能が低下し下記のような症状が現れます。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症では神経が圧迫されて症状が引き起こされます。

圧迫される部位により、馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分類されます。

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、「腰痛」と脚の痛みやしびれから起こる「歩行障害」です。

腰を反らせると脊柱管が狭くなるため痛みが強くなり、前かがみになると楽になるのが特徴です。

腰椎椎間板ヘルニア

  ターゲットは「椎間板内圧」を下げる事です。
                     
 
  画像の説明

原 因
椎間板は椎骨と椎骨の間にあって、脊椎にかかる衝撃をやわらげるクッションのような役割をはたしていて、その構造は髄核 (ずいかく) とよばれるゼリー状の組織が中心にあり、その周辺を線維輪 (せんいりん)というバウムクーヘンのような線維が層をなして取り囲んでいます。

人間は通常、性別を問わず19歳までは必要に応じ、椎間板内に十分な水分が供給されています。そして、その量は25歳ぐらいまでは横ばいで推移します。

しかし25歳を過ぎると水分は減少に転じて、ここからが症状を発症させる危険ゾーンに入ります。本来、脊椎は脊柱起立筋と言う筋肉により守られており、これらの筋肉が疲労し、脊椎を守りきれなくなると逆に緊張して脊椎により負担をかけて来ます。

そうなると椎間板は逆に、この「脊柱起立筋の1つ斜筋系の多裂筋」により圧迫を受けることになり、その結果、椎間板の内圧が上昇します。

そうなるとパスカルの原理が椎間板内で発生し、その結果、髄核と線維輪が外に出てきます。つまりヘルニアです。

長い年月を経て徐々に発症する場合もありますが、多くは脊椎に負担のかかる姿勢や運動、または外傷のきっかけによって発症します。

腰椎椎間板ヘルニアの原因となる「多裂筋」 画像の説明  

施術法
ヘルニアの治療法は明確で、それは椎間板の内圧を下げることです。

しかし、ただ下げただけでは治癒しません。椎間板の内と外との圧力比を施術により瞬間的に逆転させねばなりません。

神経筋整合法は、それを解消できうる特殊手技法であり、無痛で施術を行う事が出来ます。

腰椎分離症

腰椎分離症は言うまでもなく、器官損傷型の腰部疾患ですが、他に例を見ない程、長期にかけて進行して行きます。又、その途中で何度も急性腰痛を発症させます。

     画像の説明

発生の仕方は二種類あります。

スコッチテリアの胴体の分離と首の分離です。

胴体分離は中殿筋に集中的にストレスがかかります。

他方、首の場合は、深層背筋群にストレスが集中します。

この違いにより症状の出方が大きく異なります。

つまり胴体分離は中殿筋を中心とした筋膜性腰痛症です。
他方、首分離はほとんど胸腰筋膜に起因する筋膜性腰痛症です。
 
発症の背景

腰椎分離は、若年期に筋肉の運動キャパスティを越えるような負荷運動をすることにより骨に微小なキズが発生します。

同じスポーツを若年より続けると、どうしても使う筋肉が偏ります。

この結果、偏ったオーバーワークが偏った筋群に発生します。

これが部分的な筋の劣化を招き負荷を筋肉が受けきれずに骨への直接負荷がかかり発症します。

激しいスポーツをする場合、最も気を付けねばならないことは、日頃バランスよく筋肉を使っていることが重要です。

欧米では若年期には一つのスポーツだけをさせるようなことは殆どなく、総合的に筋肉を成長させ、ある程度の段階から専門スポーツに進みます。

このようにすれば、この疾患は、ある程度避けることができます。

又、若年期よりのウェートトレーニングは絶対にやってはいけません。

とくにスクワット系は駄目です。

これは、わざわざこの疾患になりに行くようなものです。

a:2474 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional