ペインオフィスカスガ山村院 松本市・安曇野・東筑摩・塩尻地区,脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、交通事故の治療など

尿漏れ

尿漏れ

 尿漏れでお困りの方は、ぜひご相談ください!  
  

   画像の説明

             
 ターゲットは「骨盤底筋」の強化です!  
  抗負荷マッスルトリートメント
    骨盤底筋を強化します!

    

女性の尿漏れ

尿漏れは、命にかかわるほど重度の症状でないのがほとんどです。しかし、尿漏れが心配で外出を控えたり、好きなスポーツを我慢したりと、日常生活に支障をきたすようならばやはり問題です。中には、尿漏れが原因でひきこもりになるケースもあるのです。

そうならないために、日ごろから尿漏れ対策に出来ることはあるのでしょうか。

尿漏れに悩む人の多くが女性で、腹圧性尿失禁の症状があります。妊娠・出産によって骨盤底筋などにダメージを受けるのが原因です。また排尿後も残尿がないようにといきんで確認するなどの行為は、尿漏れを悪化させる恐れがあります。

緩んだ骨盤底筋を鍛えることで、尿漏れを予防、防止につながるのです。

    画像の説明

                 

男性の尿漏れ

前立腺に病気があって尿漏れという症状を引き起こしている男性も多いようです。この前立腺に病気が発生すると尿道を圧迫するので、男性が尿漏れを起こすのだとか。

ですから尿漏れが気になる方は、前立腺の病気を疑うと良いと思います。

男性の尿漏れの原因となる前立腺の病気に、前立腺肥大症があります。前立腺肥大症とはその名の通り、前立腺が大きくなって尿道を圧迫してしまう症状のことです。

しかし、この前立腺が四十代後半を過ぎても大きくなると前立腺肥大症となり、尿漏れの原因になってしまうようです。

前立腺肥大症は尿漏れを起こしてしまうほか、尿を排泄した後に残尿感が現れる場合もあるのだとか。残尿感がある場合は前立腺肥大症のほか、前立腺がんを疑うこともできるようです。

ですから、尿漏れや残尿感のある男性は、病院へ行って医師の診察を受けると良いと思います。前立腺肥大症は、薬で治療することができます。初期症状なら抗男性ホルモン剤やαブロッカー、漢方薬などを用いて、治療します。

ただ、尿漏れの量が多く、膀胱や腎臓の働きも衰えていると診断されると、手術による治療が取り入れられることもあるようです。
     画像の説明
           

お悩みの症状は?

関節痛
オスグットシュラッター氏症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア
頸椎椎間板ヘルニア
変形性膝関節症
変形性股関節症
自律神経失調症
尿漏れ
O脚補正

a:2101 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional