ペインオフィスカスガ山村院 松本市・安曇野・東筑摩・塩尻地区,脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、交通事故の治療など

スポーツ傷害

腰痛

漕艇選手の腰痛と野球選手の腰痛

《症状》
漕艇選手と野球選手の腰痛症はモーメントアーム性腰痛症の典型です。しかし、この両者は同じモーメントアーム性腰痛症でもタイプは全く異なります。モーメントアーム性腰痛症とは腕にかかる負荷が大きいために腕使いが腰に大きな負担をかけることで生じた傷害です。

《施術法》
春日TT療法では筋肉にかかる負荷特性を第一に考えながら、問題のある筋肉群の筋代謝を復元させ筋骨の連携を合わす「筋骨力合わせ」を効果的に用いながら、腰痛症を改善して行きます。

テニス選手の腰痛とホッケー選手の腰痛

《症状》
どちらも中腰姿勢を多用する競技ですが、腰痛発症の原因は全く異なります。テニス選手の腰痛は中腰姿勢から伸展姿勢へ身体を移す動作の多用により身体を支える脊柱起立筋群の腱が機能低下した結果、腰痛症を発症させます。それに対しホッケー選手はスティックさばきをしながら競技の始めから終わりまで殆どが中腰姿勢であり、腰痛症は概ねその姿勢に対応する筋肉のオーバーワークにより発症します。

《施術法》

春日TT療法では、テニス選手の腰痛症に対しては脊柱起立筋腱の制御機能回復を中心に据えた脊柱起立筋代謝力復元を行い、この腰痛症を解消して行きます。又、ホッケー選手の腰痛は主に側屈系筋肉の伸展力を回復させながら腰部内転筋の筋代謝力を復元させ、この腰痛症を改善して行きます。

陸上選手と柔道選手の腰痛

《症状》
この二種のスポーツで生じる腰痛症は「総じてこうです」と言えない点が大きな特徴です。柔道選手の腰痛症は選手の得意技が大きく関係しています。例えば背負い投げを得意とする選手であれば身体を支える脊柱起立筋浅層部の腰腸肋筋と深層部斜筋系の筋肉が重なる部分に炎症性の腰痛症を発症させるケースを多数見ます。又、重量級の選手では投げられた時に骨にかかる衝撃が強く、そのために腰椎分離症を発症するケースを多数見ます。

《施術法》
春日TT療法では、このような様々な腰痛症に対し発症原因を成している筋肉群へ効果的な深層伸展をかけながら筋代謝力を復元させ、又、体幹軸を縦筋である脊柱起立筋群、横筋である側屈系筋群、斜め筋肉群の腰部外転筋群など、三方から個別の問題を解決し、これらの腰痛症を改善して行きます。

《詳細》
柔道選手は受け身のすべを知ってるので筋肉にかかる負担は巧く回避するのですが、骨に継続的かかる衝撃は競技の特徴からいって回避は困難です。骨は神経が通ってないので強い衝撃を受けてキズが生じても痛みの自覚症状が出ません。つまり、なんともないのです。しかし、キズは確実に大きくなりやがて亀裂となります。こうなると筋肉に異変が生じます。片側分離で最も異変を感じ易い部位は腰部外転筋の中臀筋で、常にその部位に違和感を感じます。両側分離なら胸腰筋膜に継続的なダルさや時として強い痛みを感じます。
この分離性の腰痛症は片側性、両側性を問わず、「ある日突然、これと言う予兆もなく」動くことが殆どできないような強い急性腰痛を発症させます。技別発症の腰痛症をさらに見ると、払い腰は払う側の腰部側屈系の筋肉群、はね腰は軸足側の腰部内転筋群などに過大なストレスが生じ易く、そのため、それら筋肉群を中心とした筋肉性の腰痛症を発症させます。
他方、陸上競技選手の腰痛症は圧倒的に投擲種目の選手に発症します。ランニング系の種目で発症させる腰痛症はスタート練習をやり過ぎた場合などを除くと、競技そのものが原因を成すケースはあまり見かけません。投擲競技で生じる腰痛症では特有の発症原因があります。投擲競技は投げる時にサークルから出てはならない決まりのため投げる瞬間、投げるために発した屈筋張力(筋肉のパワー)を拮抗筋が強く制止し、この時に生じる強い制止モーメントを利用することで遠くに飛ばしますが、この競技で生じる腰痛症は、この力により発症します。通常、スポーツで生じる腰痛症は筋肉のアクセルを踏み込み過ぎたオーバーワークで起きますが、このタイプの腰痛症はブレーキをかけ過ぎたことにより発症します。

他のスポーツの腰痛症について

《症状》
スポーツ腰痛症は言うまでもなく何の競技でも、又、スポーツでなくても特別な修練を要する動作なら何にでも生じる傷害です。例えばベリーダンスにタンゴや日本舞踊などでも同様です。スポーツ腰痛症は筋肉の代謝バランスの失調から発する一般腰痛症と異なり、筋肉を過度に使い過ぎたアクセル系の腰痛症と腱の制御機能を使い過ぎたブレーキ系の腰痛症に大別されます。

《施術法》
春日TT療法では伸筋の筋代謝力を集中的に復元し筋肉と腱の制御時間差を回復させ、このタイプの腰痛症を改善して行きます。

《詳細》
この欄で挙げた競技は、その分類で分けると総じて腱の制御機能を過度に使った事によりブレーキ系に異変が起きる例です。多くの方はブレーキ系腰痛症なる言葉は多分、初めて耳にされる言葉だと思います。そこで、若干専門的にはなりますが、このブレーキ系腰痛症の説明を致します。人の動きは筋肉の働きで行われており、関節の動きも同様です。大切な事は筋肉が力を正しく発することで、その役割は腱が果たしています。腱は筋肉の先端部にあり骨に付着しています。この腱は伸筋が伸展してくると反対側の屈筋を収縮させます。これは腱の中にある腱紡錘に包まれた1b求心性繊維が収縮指令を発し、解除は1b求心性抑制繊維が抑制指示を出し、行っています。筋肉はこの腱の機能で筋力を発揮します。この腱の収縮指令のオン、オフは神経の発する電気的信号と神経伝達物質の伝わりで制御されていますが、筋肉と腱は同時には反応せず、先ずは筋肉が、次は腱が、の順番で反応し、この両者の反応にある一定の時間差を生じさせています。この時間差は神経が反応する時の信号電位で五ミリV程度の到達時間差です。ブレーキのかけすぎで1b求心性繊維がオーバーワークになると、この時間差=信号電位差が縮まってきます。こうなると、よりブレーキのかかり方が早くなり、その分、筋肉の平時緊張度が高まります。それにより筋肉の等尺力(身体を支える力=姿勢維持筋力)が運動頻度の高い部位から低下し、それがやがて複数筋に及んで行くと強い腰痛症を生じさせます。

ヒザ痛

ジャンプの着地でヒザが痛い

《症状》
この傷害は膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)と呼ばれ膝蓋骨(ヒザのお皿)と脛骨を結ぶ膝蓋靭帯に炎症が生じており、バレーボールの選手に多発します。原因はジャンプ着地時に床から受ける衝撃を大腿四頭筋が吸収しにくくなった事です。人が床から受けるジャンプ着地の衝撃は、両足着地なら問題ないのですが、片足着地の場合だと非常に大きな力が膝蓋靭帯にかかります。従って、この傷害は圧倒的に片足着地癖のある選手に発症が見られます。
《施術法》
春日TT療法では、大腿四頭筋が伸筋である特徴から、この筋の運動許容量を決定する大腿屈筋群の代謝力を先ず復元し、次に関節並び合わせ術を用い、ヒザ関節面と足関節面、股関節面の力軸を合わす事で大腿四頭筋の伸筋機能を回復させ、この傷害を改善して行きます。

走っても、ストップしてもヒザが痛い

《症状》
このタイプの傷害はバスケットボール選手に多発するヒザ痛症で前後十字靭帯の炎症が数多く見られます。この原因のひとつに競技施設床面の固さがあります。通常、これらの靭帯の傷害は強く急激な力が不意に関節にかかった時に起き、その際、ともすれば半月板損傷やこれら靭帯の断裂を伴うことが多いのですが、バスケットボール選手は靭帯断裂まで行かず、炎症、もしくは膝内水腫に留まるケースが多数です。

《施術法》
春日TT療法では、ヒザ下にある総腓復筋、ヒラメ筋、足底筋、腓骨筋、前脛骨筋、後脛骨筋などの代謝力を復元させ、ダッシュ、ストップや急回転などで生じるモーメントの速さや床面からの反発力に、これら筋群が対応し得る状態をつくり、さらに下肢筋群の重心移動力の向上を両股関節面、両ヒザ関節面、両足関節面の力軸を揃えることでかなえ、このヒザ痛を改善して行きます。

ヒザが腫れ、水もあり、ヒザが曲がらず、ヒザ関節が痛い!

《症状》
この傷害は圧倒的に靭帯損傷が多く、殆どが側副靭帯の過伸展か断裂でラグビー選手に多発します。原因はランニング中にタックルを受けることです。ラグビー選手がタックルを受ける時はトップスピードで走っている時か、ステップで方向を変えようとしている時が多く、この姿位はヒザ関節が最も無防備な状態です。このタイミングでまともにタックルを受けると受傷します。
《施術法》
春日TT療法では断裂、過伸展に関わらず、ヒザ関節を動かそうする時に邪魔をする血腫やリンパ液による筋線維接着とそれにより生じた筋拘縮を取り除くため、ヒザ関節運動関与の全筋群の代謝力を復元させ、さらに関節力軸を合わせ、ヒザ関節可動域を拡げ、この傷害を回善させます。

肩・上腕

一般的な傷害であれば真の関節である胸鎖関節、肩鎖関節、肩関節の三関節と筋の習慣的機能の転倒をしっかり捉えれば良いのですが、スポーツ傷害は筋肉や関節を限界使用した結果、発症しており、三関節の捉えだけでは間に合わず、肩峰下関節や肩甲胸郭関節など関節組織の条件を本来的には有さない機能的関節と肩甲骨移動の関係をしっかり捉えねばなりません。

頸肩腕に生じるスポーツ傷害

人の首、肩、腕、の動作で最も重要なポイントは肩甲骨の動きで、人が腕を多角的に使用できるのも必ず肩甲骨が連動した動きをするからです。この肩甲骨連動の仕方は肩甲骨の上下、左右、さらには浮き沈みなどがあります。そして、これらの動きを行うために上肢の筋肉は当然、それぞれの決まった動きで役割を分担していますが、その決まった役割を幾つかの重要な筋肉が複数持ち、頸部、肩関節、肘関節、手関節などの関節群を動かしています。筋肉の動きの変化を医学的表現では転倒と言いますが別に転んだ訳でも、又、否定的な意味でもありません。 頸肩腕傷害への対処で大切な事は転倒の開始ポイントの把握です。例えば、屈曲をしている筋肉が外転に変わる角度、伸展している筋肉が収縮に変わる角度などです。首、肩、腕に生じるスポーツ傷害はこの転倒ポイントでの転倒阻害が発症の大きな要因です。何故、スポーツ選手に阻害が起きるのか?ですが、スポーツ選手は筋肉の限界使用により、筋拘縮が起きやすく、そのために筋肉の始動ポイント(筋肉中の運動点)の変化が大きい事によります。首、肩、腕に生じるスポーツ傷害の治癒には、このような筋肉の特徴を的確に捕え、効果的な対処をしなければなりません。

筋肉の習慣的機能の転倒阻害に起因する肘痛症の概念

《症状》
特徴的にはハンドボール、バレーボール、バスケットボール、ソフトボール、剣道、など、腕を肩の高さより上方へ挙げる競技に多発します。その理由は上肢筋群の特質に起因しており、それは筋の習慣的機能の転倒と言われる特性です。これを具体的に説明すると筋肉がある角度を越たら、それまでと働き方を全く変えてしまうことです。

《詳細》
大胸筋で例えれば、外転位約120度までは屈曲に作用していますが、それを越えると外転作用に変化します。他には腕トウ骨筋の回内、回外への作用、胸鎖乳突筋による頭の前屈、後屈(収縮、伸展)などもあります。これらの機能に何かの阻害要因がかかると、これらの筋と協調して働く他の筋肉や拮抗して力を発揮する他の筋肉が十分に動けなくなり、筋力低下が始まります。上腕二頭筋の筋力低下は肘関節の回内優位をもたらし、回外の動きが低下し、肘曲げの動きにオーバーワークを来たします。又、伸筋の筋力低下が始まると腕を肩上から降り下ろす力が低下し、その動きのオーバーワークが起きます。この原因から生じる肘痛はあらゆる競技に及んでいます。このような筋肉の連携動作により波及した筋力低下は本人に自覚がないままに進んで行き、やがて痛みを発し本格傷害へ進みます。

テニス肘と野球肘

《症状》
症状
テニス選手が発症させる肘痛症は肘関節の外側に痛みを出すタイプで、正式な呼び名は上腕骨外側上顆炎です。又、この傷害はフォアハンドで打つ時に痛みが出るフォアハンドテニス肘とバックハンドで打つ時に痛みが出るバックハンドテニス肘の二種があり、フォアハンドテニス肘はバックハンドで打っても痛みは殆どありません。その反対で、バックハンドテニス肘の選手がフォアハンドで打っても殆ど痛みはありません。しかし、この二種の肘痛症はいずれであっても痛みの出る部位は同じで、それは肘関節の外側上顆と呼ばれるところです。

《詳細》
この二種の肘痛症はいずれであっても痛みの出る部位は同じで、それは肘関節の外側上顆と呼ばれるところです。ところが、レントゲン検査でそこを見ても何の異変もありません。このように痛みを発している関節部分には何ら異変がないにも関わらず、その部分が痛むようなことを反射痛と呼び、テニス肘痛はこの反射痛が大きな特徴です。テニス肘の発症原因は強く打った後の「ラケットの速い引き戻し」です。この傷害は最初に伸筋である腕トウ骨筋に痛みを感じ、次に回外筋や回内筋の機能低下が加わり発症します。これらの筋肉群が、最もダメージを受ける動きは過度な、ブレーキングです。又、テニス競技は上肢の内転、外転の動きを三角筋と大胸筋の外転位120度以内で大半が行われていることから「筋肉の習慣的機能の転倒阻害」は基本的には見らません。 他方、野球投手の肘痛症は、テニス選手と痛みの出口も発症の原因も全く異なります。野球投手の肘痛は、肘関節の内側に出現し正式には上腕骨内側上顆炎と名称されています。つまり、テニス肘の外側上顆に対し、野球肘は内側上顆です。発症原因もテニスとは全く異なり、野球投手は上腕筋群の伸筋である上腕三頭筋と、屈筋である上腕二頭筋の強調不全が主な原因で痛みを発しています。これは、筋肉のアクセル系に生じた傷害です。この傷害は投げる時に上腕の位置が通常より下がった時に痛みや違和感を生じさせ、それが続くと発症に至ります。これは「筋の習慣的機能の転倒」が阻害されている事を現しています。何故なら、投げる時に上腕位置が下がると、肘の位置も下がります。つまり、モーターポイントの移動が大きく起きており、これは筋機能の低下が上肢筋群で生じていることを現しています。
a:1454 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional