アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

画像の説明

アトピー性皮膚炎の根本的な始まりは、身体の中を「病原菌はいないか?」「がん細胞は出来ていないか?」とパトロールしていたNK細胞(ナチュラルキラーT細胞)が身体のあちこちで遊離神経(知覚運動神経終末)の緊張を病原菌の侵入と勘違いし「攻撃せよ!」とB細胞リンパ球に命令を下してしまうことから始まります。



攻撃すべき病原体が無いにのに「攻撃せよ!」と言う命令を受け、B細胞リンパ球は、無い病原菌の代わりに「食べ物」に過剰に反応し攻撃を開始することから、アレルギーをおこします。

アトピー性皮膚炎を改善するには、アレルゲンに少しずつまみれさせて、「IgG4型抗体を増やす方法=減感作中和療法」か、「遊離神経終末の緊張を解消する方法」しかありません。

春日TT-AH手法」は、遊離神経終末をターゲットとし、緊張を解消して、T細胞リンパ球のそもそもの勘違いを修正し、アレルギー反応を改善していきます。