顎関節症

 

(施術例)

30代女性 顎関節症

・施術前(写真左)

 

10代後半より顎関節に違和感を感じ20代で痛みを伴う。

通常顔の左変位を気にするようになり、口を開けるとアゴが左に曲がる。

・初回施術後(写真右)

顔全体の左変位とほうれい線が解消する。

開口時の左変位解消し、疼痛も激減する。

【御本人談】

10代の頃から顎を開けたり閉じたりする時にガクガクしていて、スムーズに動かすことができなくなっていて、そのうちに痛みがでてきたり、外れそうになったりしていました‥
骨の矯正やマウスピースなどもしてみたのですが、なかなか改善が難しく20代後半辺りから、より顎の調子が悪くなり、重くて痛くなっていました。
そんな時、山村先生で顎の矯正をやっているとの事を聞き、行ったところ、1回の施術で顔の歪みが良くなり、顎の重みと痛みがなくなりました。
その後も通っていますが、3-4回施術を行ってもらった頃から顎のガクガクとする感じがすごく減り、口を開けた時に曲がっていたのがとてもよくなりました。
それと共に、頭痛と耳鳴りも減りました。
たくさん身体の不調がありましたが、とても楽になり本当に嬉しいです。
これからも、通わせていただきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

これらの症状は顎関節の歪みが原因で生じる

顎関節症」と呼ばれる傷害です。

 

 

 

人の口は歯の状態により誰しも多少は歪んでいます。

食事をする時に左右の歯を均等に使えば良いのですが、癖でついつい慣れている方に偏った使い方をします。

その結果、顎の開閉に関与する左右一対で頬っぺたの上にある咬筋の左右いずれかにオーバーワークが生じ、口開閉の均等性が崩れてきます。

これが口歪みの始まりです。

さらに虫歯の治療などで奥歯にかぶせものを付けるとさらに歪みは進んでいきます。

これは本物の歯とかぶせものでは摩擦の度合いが違うために生じる自然なことです。

この状態が慢性的に続きますと口の開け閉めが円滑でなくなり、次に痛みを発します。

又、就寝中に歯ぎしり癖のある方はなおさら進行します。

当院では

整顔術で歪みを矯正し、左右下顎突起の高さを合わせる事で咬筋の負担を取り除きます。

②下顎揺動術で咬筋の筋代謝力を復元し、痛み・開閉時の不都合も改善します。

 

初検料 2040円
施術料 4890円
完全予約制
0263-48-4833