頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニア

ターゲットは「項筋群」の支持性を高めることです。

頸椎椎間板ヘルニアは頸椎椎間板内から髄核が脱出している状態で、その面は腰椎椎間板ヘルニアと基本的には同様ですが、症状の発し方や予後に大きな違いがあります。

その意味で、頸椎と腰椎は同じヘルニアであっても全く別の疾患として捉えなければなりません。

腰椎ヘルニアは「強い刺激痛」ですが、頸椎ヘルニアは「麻痺」です。なぜなら頸椎は腰椎のような疼痛を発するような神経根を伴っていないからです。さらに頸椎ヘルニアの予後は四肢不全麻痺です。

腰椎ヘルニアに最も近い症状と言えば、骨棘性の頸椎症ですが、頸椎ヘルニアとは別の疾病で予後も異なります。
            画像の説明*         

原因

頸椎椎間板ヘルニアの発症原因は項筋群の支持力低下が決定的要因です。項筋群の筋力低下は脊柱起立筋群のオーバーワークを招きます。

これらのオーバーワークは当然、椎間板内圧を上昇させヘルニアを発症させます。

施術法

神経筋整合法では、経神経叢の上行性を利用し、「項筋群にカンフルをかけ、頸椎の支持性を回復させる事」により改善へと導きます。

お悩みの症状は?

関節痛
オスグットシュラッター氏症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア
頸椎椎間板ヘルニア
変形性膝関節症
変形性股関節症
自律神経失調症
尿漏れ
O脚補正
a:1791 t:1 y:1