鍼灸治療

健康保険の使える疾病

◎神経痛  ◎リウマチ  ◎頚肩腕症候群

◎頚椎捻挫後遺症  ◎五十肩  ◎腰痛

     
   上記疾病は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。

健康保険で受ける方法

次の病気については鍼灸で健康保険がうけられます。

1.神経痛…例えば坐骨神経痛など

2.リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。

3.腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。

4.五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。

5.頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。

6.頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

その他これらに類似する疾患など。

患者さんの保険取り扱い手続きは次の手順で行って下さい

1.先ず、「山村整骨院」へお問い合わせ下さい。

2.「同意書」と云う用紙を受け取りに来て下さい。

3.同意書を、日頃治療を受けている医院・病院に持参されて必要事項を記入して戴いて下さい。

なお、同意書の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され鍼灸の治療が適当であると判断

できる診断書でも結構です。

4.記入済みの同意書、保険証と印鑑を持参して頂ければその後の手続きは、こちらで行います。

注意事項

鍼灸の保険適用につきましては、次ぎの事項にご留意下さい。

1.その病気は、先に医師の治療を受けていること。

2.保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。

       他の病気の治療は受けられます。

3.同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生がよいです。

4.最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、3ヶ月毎に再度、同意が必要です。

 但し、再度の同意は同意書に記入してもらう必要は無く口頭で結構です。

5.保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければなら

 ないものもありますのでお問い合わせ下さい。

鍼灸の適応 <WHO(世界保健機関)>

           画像の説明
一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちで

すが、多くのつらい症状や病気に効果があります。

鍼灸の適応例

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学

的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しまた。

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

【神経系疾患】

  神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症

ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

  関節炎・リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十 肩・腱鞘炎・腰痛

  外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

  心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

  気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

  胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢 炎・肝機能障害・肝炎
  
胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

  バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

  膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

  更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

  中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽 喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

  眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

  小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振不眠)・小児喘息
  アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質  の改善

              

鍼灸は何故効くのですか?

鍼灸の効果の研究は、各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に進め

られております。

総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及

び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性

(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

また、古来より認められている鎮痛効果の解明も次ぎのような諸説があります。

1.ゲートコントロール…針刺激が脊髄において痛みを抑制する。

2.エンドルフィン…針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。

3.末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。

4.経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。

5.血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。