自律神経失調症

当院では、自律神経の多くを支配する、迷走神経の知覚運動神経での反射弓整合や、自律神経個々の賦活及び、バランスの改善を狙った治療をしています。

自律神経失調症はどうして起きるの

私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)があります。

この働きを担うのが「自律神経」で、内臓や血管の収縮・拡張、ホルモン分泌など、すべての器官を調整しています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という相反する働きをする神経が同居し、この2つの神経が綱引きをしながら働いて、体がバランスよく機能しているのです。

ところが、ストレスなどの刺激が長時間続いたりすると、自律神経がそれを排除しようと頑張るあまり、綱引きのバランスが崩れてしまい自律神経失調症を起こすのです。

        画像の説明

どうしてさまざまな症状が出るのでしょう?

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。

最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科、心療内科などの専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。

ただし「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、注意して下さい。    
    

    
 
    画像の説明

自律神経失調症と間違いやすい病気

自律神経失調症と、もっとも間違えやすい病気が「仮面うつ病」です。

仮面うつ病はうつ病の一種で、不眠や食欲不振、倦怠感などの症状が前面に出て、精神的な症状が隠れているため、よく自律神経失調症と間違われます。

  画像の説明

どんな人が、なりやすいの?

真面目で責任感が強い人や、几帳面で心配性の人、内向的な人などは、ストレスの影響を受けやすいので、注意が必要です。

体質的には、冷え症や低血圧、虚弱体質、やせている人なども。

また、女性に自律神経失調症が多いのは、思春期や更年期、出産後など、ホルモンの変調が自律神経に大きな影響を与えるためです。

更年期障害は自律神経失調症の一種ですが、最近は男性にも起こることが学会で発表され、注目されています。

40代後半になると男性ホルモンの減少によって自律神経が乱れ、めまいや吐き気などの症状を起こす男性が増えています。

ストレスと上手に付き合うには?

休日はゴロゴロしているだけでは、心の疲れはとれません。

ウォーキングやサイクリング、水泳、家庭菜園など、いい汗をかく趣味をみつけましょう。

自律神経失調症の人に趣味や運動をすすめても、腰を上げてくれないかもしれません。そんな時は周囲の人が誘って下さい。

人と話す機会が増えたり、スポーツジムや趣味の仲間に、入ったことを機会に解放へ向かわれた方も大勢います。


  画像の説明  画像の説明**

ストレスと付き合う10カ条

(1) 完璧主義を捨てる。

(2) 現実逃避しない。

(3) 自分なりのストレス尺度を持つ。

(4) 心から打ち込める趣味を持つ。

(5) つらくなったら悲鳴を上げる。「泣いてもいいのです。」

(6) 悩みを打ち明けられる心の友を持つ。

(7) 軽い運動でいい汗をかく。

(8) 先入観を持って人と接しない。

(9) 解決を先に延ばさない。

(10) 「ノー」と言える勇気を持つ。

a:2563 t:1 y:1

お悩みの症状は?

関節痛
オスグットシュラッター氏症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア
頸椎椎間板ヘルニア
変形性膝関節症
変形性股関節症
自律神経失調症
尿漏れ
O脚補正