脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは 

脊椎は、椎骨と呼ばれる骨が連なって構成されており、椎骨には椎孔という穴が空いていて、椎孔が連なることで1本のトンネルのような脊柱管と呼ばれる脊髄神経を通す空間が形成されています。

脊柱管狭窄症とは、筋力の低下や老化などの影響で椎間板や腰椎が変性して、脊柱管が狭まる状態を言いますが、狭まったことで神経が圧迫され神経の働きが乱されて、足に痛みやしびれが起こります。

腰痛はそれほど強くなく、背筋を伸ばして立っていたり、歩いたりすると脊柱管がさらに狭まり神経が圧迫されるため、下肢のしびれ、足のもつれなどが生じます。200〜300m歩いただけでも症状が出るので、長い距離を続けて歩くのが困難になります。前かがみになって休むと治まり、また歩けるようになるのが特徴です。歩行と休息を繰り返す状態を「間歇性跛行」といいます。

原因として 

脊柱管狭窄症は、加齢性の変化や、体幹を支えている筋群が支持能力を低下させ、椎骨と椎骨の間にある体幹の動き全てに関わっている椎間関節に大きな負荷をかけたことにより、椎間関節がオーバーワークとなり働きが悪くなったことによって、40歳以上の中高年が発症しやすいとされています。進行すると排尿・排便障害を起こすこともあります。

 

痛みの好転方法としてとして

本来、腰回りの筋肉が正常であれば、椎間関節の動きは悪くならないはずです。

椎間関節の動きを改善するだけでは、いずれまた下肢のシビレ痛に悩まされます。

それ故に腰の筋肉をしっかりさせる必要があります。対処する方法として思いつくのは腹筋・背筋のトレーニングですが、症状の強い方が筋トレを行った際、有害になる場合が多くお勧めすることが出来ません。

当院では「春日TT-AH施術手法」で腰から下肢にかけての筋肉を手技で優しく伸ばして行き、筋肉の伸び縮みの力を回復。

これにより腰回りの筋肉の血流量が増加し、運動時にエネルギー燃焼で産生される老廃物の処理能力が好転されます。筋肉の代謝力(老廃物の処理能力)が向上することにより、筋肉の持久力が正常化し、椎間関節がオーバーワークになる状況から解放され、背筋を伸ばして立っていたり、歩いたりした時の脊柱管狭まりが好転し神経の圧迫されづらくなり、下肢のしびれや痛みに悩まされることが少なくなります。

 

初検料 2040円
施術料 4890円
完全予約制
0263-48-4833