変形性膝関節症

変形性膝関節症

「筋肉」が本来の「働き」を取り戻すことが出来れば
    「痛み」は改善します。 

   画像の説明

ターゲットは「関節軸の修正と筋代謝の改善」です。

変形性膝関節症「歳だから仕方ない」とあきらめていませんか?

50歳以上で多発する変形性膝関節症の始まりは膝の関節が何かの原因で「軸ズレ」や「変形」が始まると股関節や足首の関節と少しづつ動きが合わなくなってきます。これが「痛み」の始まりです。

しかし、最初のうちはこのことに自分では気付かないで、多少の「痛み」「違和感」があっても問題なく動けてしまいます。

そう出来るのは、筋肉が多少の負担なら跳ね返して関節を支えてくれるからです。

ところがこの状態が長く続くと、さすがの筋肉もかなり疲れてきます。

そうなると徐々に筋肉が関節を支えきれなくなり直接、関節に負担が、かかってきます。これが「軟骨が磨り減る」と言うことになり関節が変形し、動くたびに「痛み」が発生して、症状が急速に悪化、歩行困難になって行きます。

関節にかかる負担及び衝撃は、「軟骨がクッションの役目」と思っている方が多いでしょうが、本当は軟骨が衝撃を吸収するのではなく、その関節を動かす筋肉が殆ど吸収するようになっています。

この「筋肉」が本来の「働き」を取り戻すことが出来れば「痛み」は改善します。

人間の「からだ」は 誰でも「傷ついた細胞」を元の形に戻す「設計図」を持っています。人間はどの様なケガや病気をしても「自然治癒力」が働いて治っていく力を持っています。

変形性膝関節症も決して「歳をとっているから仕方ない・・・」ではないのです。現実に90歳を超える方でも「関節の変形」を起こしていない人、「関節の変形」はあるが痛みが無く元気な方も大勢います。

変形性膝関節症は「関節の軸ズレ」+「筋肉の弱体劣化」によって起こった疾患なのです。

お悩みの症状は?

関節痛
オスグットシュラッター氏症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア
頸椎椎間板ヘルニア
変形性膝関節症
変形性股関節症
自律神経失調症
尿漏れ
O脚補正

a:1467 t:1 y:1