坐骨神経痛

坐骨神経痛

            画像の説明

ターゲットは「梨状筋・双子筋・内閉鎖筋」です。

坐骨神経痛」はよく「椎間板ヘルニア」と混同されやすいのですが 簡単に言うと前者はおもに「筋肉」、後者は「椎間板」のどちらで神経が圧迫されている状態かで区別します。

坐骨神経痛」は正式病名ではなく一般的には、腰から臀部・大腿、下腿部の後面を通る坐骨神経が背骨の椎間関節、筋肉などの圧迫で神経が伸ばされることによって出た症状のことを言います。

症状

始めは時々「おしり」、「太ももの外側」、「スネの外側」「足の外側」などの深部が少し痛くなるがすぐに止まる為、あまり気にならないが中度になると痛みと感覚が次第に強くなり毎日「一定時間」上記の場所が「締め付けられる様な、いても立ってもいられない様な痛み」に襲われ、重度になると「椎間板ヘルニア」と同等の「激痛」が常にあり歩行困難状態になる方もおられます。

原因

腰の筋肉が長年疲労などにより負担がかかりすぎると筋肉代謝が低下して石灰状の物質を筋肉に蓄積(筋肉が硬くなる)させていきます。これが血流を悪くして筋肉の状態をさらに劣化させてしまいます。

このことが背骨を支えている筋を弱くさせて、椎間板にかかる負担が増えて骨棘を形成(背骨が潰れてとげのように変形する)させます。

この様になると筋肉にかかる負担は下方(臀部)にかかりやすくなって、梨状筋や上下双子筋(臀部の深部にある筋肉)に強いストレスがかかり、坐骨神経が筋肉により圧迫され,この圧迫が神経を引伸ばし「痛み・しびれ・感覚異常」として現れます。

施術法

臀部の深部にある硬くなった梨状筋や双子筋を如何に緩めるかがポイントになります。

この筋肉は強靭なお尻の筋肉に覆われた下にある為、大変治療しにくい場所です。

通常の治療(電気治療・ホットパック・マッサージ等)では目的の筋肉に刺激が到達出来ず、効果が薄いのはこの為です。

また厄介なことに筋肉の特性で、筋肉に強刺激(強いマッサージ・強指圧等)を加えるとさらに筋肉が硬直することになる為症状を悪化させます。

神経筋合復法はこの様な筋肉にかかるストレスや血流の阻害をすばやく改善させ、症状を改善できる特殊手技療法です。

お悩みの症状は?

関節痛
オスグットシュラッター氏症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア
頸椎椎間板ヘルニア
変形性膝関節症
変形性股関節症
自律神経失調症
尿漏れ
O脚補正

a:1882 t:1 y:1