・長時間椅子に座っていると、腰が痛い

長時間椅子に座っていると、腰が痛い

座っている時の、骨盤の傾斜角度に応じて背骨の支える脊柱起立筋肉群が、脊柱支持の筋機能を低下させたことから生じます。       

          画像の説明

原因

人が座る時、骨盤は最大22度後回転し、背骨は真っ直ぐへと変化します。
この時に背骨を支える働きは脊柱起立筋群が行いますが、これら筋群の筋機能の中で等尺性重心変化が低下すると、座り姿勢を長時間維持することが困難になり、このタイプの痛みが生じます。

施術法

脊柱起立筋群の筋代謝力を復活させれば、この痛みは改善します。

a:1557 t:1 y:1