アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の根本的な始まりは、T細胞リンパ球の命令により、
身体のあちこちで遊離神経(無髄神経)の緊張を病原菌と勘違いをして、B細胞リンパ球に「攻撃せよ!」と命令を下してしまうことから始まります。

攻撃すべき病原体が無いにのに「攻撃せよ!」と言う命令を受け、B細胞リンパ球は最後に「身体に入って来た食べ物に含まれる食物繊維」に攻撃を開始することから、色々な食物に反応し、皮膚炎をおこします。

なかなか良い治療法がなく、困っていらっしゃる患者さんの多い疾患です。

春日TT-AH手法」は、身体のあちこちで緊張している。遊離神経郡をターゲットし、T細胞リンパ球のそもそもの勘違いを修正し、アレルギー反応を改善して行きます。

a:45 t:1 y:0